86e1e07d50a6f73b31b00d7fe5678050
宇都宮市学校給食ごはん日記

栃木県の特産物 ❝かんぴょう❞ ~御幸が原小学校の取組~

2017/08/02 15:42 子ども

 栃木県は、「かんぴょう」の生産量が日本一です。

 栽培面積・生産量ともに全国の96%以上を占めています。

 皆さんは、「かんぴょう」が何からできているか知っていますか? 

 栃木県の特産物である「かんぴょう」についての理解を深めるために、6年生の伝統工芸の学習に関連して食育の取組を行ったので紹介します。


「かんぴょう」を紹介する給食掲示コーナー

 ユウガオの実から「かんぴょう」になるまでの説明とユウガオの実を提供してくださった生産者の方の紹介について掲示し、ユウガオの実やかんぴょうの実物も展示しました。


かんぴょうを使った給食の献立

   わかめごはん  牛乳  

   鮭の風味焼き  切り干し大根カレー風味  

   かんぴょうのみそ汁

  

(6年生が「ふくべ細工」について学習した同日に、かんぴょうを使った給食の献立を提供しました。)


栃木県の伝統工芸「ふくべ細工」の学習(6年生)

 

 ふくべ洞さんに、ふくべ細工の材料であるユウガオの実について教えていただきました。

 






 お気に入りの形のふくべを選んでいるところです。





 ふくべに絵付けをしているところです。




児童の作品    

 ふくべの形を生かして、個性あふれる素敵な作品に仕上がりました。


児童の感想

・ふくべ洞さんの説明を聞いて、「ふくべ」の材料がユウガオだと知りました。

 また、ユウガオは「かんぴょう」になることも知りました。

・「かんぴょう」の名前は知っていたけれど、その原料であるユウガオはとても大きいことに驚きました。

・ユウガオを初めて知りました。

・下野市が日本一の生産量を誇ることを知りました。

・ふくべの材料は軽いのに、ユウガオの実は約5kgほどあり、重いことを知りました。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください